国際プールTOP ≫ 国際大会レガシー

国際大会レガシー

1998年(平成10年)7月に開館した横浜国際プールでは、過去に4回、国際大会が開催されています。

開催年月日
大会名称
2002年(平成14年) 8月24日~29日
第9回パンパシフィック水泳選手権大会横浜2002
2004年(平成16年) 9月17日~18日
シンクロナイズドスイミング ワールドグランプリ IN JAPAN 2004
2006年(平成18年) 9月14日~17日
第11回 FINA シンクロナイズドスイミング ワールドカップ2006
2016年(平成28年) 5月10日~15日
FINA水球ワールドリーグ 男子インターコンチネンタルトーナメント

平成28年10月現在

2002年パンパシフィック水泳選手権

1 大会概要

1984年にアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本の4か国がパンパシフィック水泳協会を設立し、第1回パンパシフィック水泳選手権を1985年に東京で開催しました。
今回で第9回目を迎えた同大会は、12か国が出場して横浜国際プールでの初めての競泳の国際大会なりました。過去に日本では、東京2回、神戸1回、福岡1回と4回開催されました。

横浜国際プールの記念展示写真

※ 横浜国際プールの記念展示写真

2 開催期日

2002年(平成14年)8月24日~29日(6日間)

3 開催会場

横浜国際プール(横浜市都筑区)

4 出場国

オーストラリア / ブラジル / カナダ / 中国 / 香港 / インドネシア / 日本 / ニュージーランド / ペルー / プエルトリコ/ シンガポール / アメリカ合衆国

5 日本選手の競技結果 男子
種目 氏名 記録
金メダル 平泳ぎ100m 北島康介 1分00秒36
銀メダル 個人メドレー200m 森隆弘 2分00秒61
銅メダル 背泳ぎ100m 森田智己 55秒29
銅メダル 平泳ぎ200m 木村大輔 2分12秒71
銅メダル 個人メドレー400m 森隆弘 4分15秒35
銅メダル バタフライ 山本貴司 1分55秒57
女子
種目 氏名 記録
金メダル 個人メドレー200m 萩原智子 2分13秒42
銀メダル 自由形800m 山田沙知子 8分31秒89
銀メダル 自由形1600m 山田沙知子 16分16秒28
銀メダル 背泳ぎ200m 寺川綾 2分12秒28
銅メダル 自由形400m 山田沙知子 4分10秒79
銅メダル 個人メドレー400m 藤野舞子 4分45秒79
銅メダル フリーリレー4x100m 萩原智子
永井奉子
浦部紀衣
三田真希
3分42秒23
銅メダル フリーリレー4x200m 永井奉子
山田沙知子
浦部紀衣
三田真希
8分04秒01
  • 金メダル 金メダル
  • 銀メダル 銀メダル
  • 銅メダル 銅メダル

シンクロナイズドスイミング ワールドグランプリ IN JAPAN 2004

1 開催期日

2004年(平成16年)9月17日(金)~18日(土)

2 開催会場

横浜国際プール(横浜市都筑区)

3 参加国

日本 / 中国 / イタリア / ギリシャ / フランス / アメリカ合衆国 / スイス / 韓国(8か国)

4 競技種目

チーム / デュエット / リフトパフォーマンスコンテスト

5 競技結果 チーム
金メダル
日本
銀メダル
中国
銅メダル
イタリア
デュエット
金メダル
日本

立花 美哉
武田 美保
銀メダル
アメリカ合衆国

A.コズロバ
A.バードシック
銅メダル
フランス

V.ドゥディユ
L.チボー
リフトパフォーマンス
金メダル
日本
銀メダル
中国
銅メダル
イタリア
6 テレビ放送

フジテレビジョン

第11回 FINA シンクロナイズドスイミング ワールドカップ2006

1 開催期日

2006年(平成18年)9月14日(木)~17日(日) 4日間

2 開催会場

横浜国際プール(横浜市都筑区)

3 出場国等

オーストラリア / オーストリア / ベラルーシ / ブラジル / カナダ / 中国 / コスタリカ チェコ / エジプト / スペイン / フランス / ギリシャ / インドネシア / イスラエル / イタリア / 日本 / カザフスタン / 韓国 / リヒテンシュタイン / マカオ / マレーシア / ニュージーランド / 北朝鮮 / ロシア / スイス / スロバキア / ウクライナ / アメリカ合衆国 / ウズベキスタン / ベトナム / 以上30フェデレーション

4 競技結果 チーム
金メダル
ロシア
銀メダル
日本
銅メダル
スペイン
デュエット
金メダル
ロシア
アナスタシア・ダビドワ
アナスタシア・エルマコワ
スベトラーナ・ロマシナ
銀メダル
スペイン
エマ・メングアル
パオラ・ティラドス
アンドレア・フエンテス
銅メダル
日本

鈴木 絵美子
原田 早穂
ソロ
金メダル
ロシア

ナターリア・イシェンコ
銀メダル
スペイン

エマ・メングアル
銅メダル
日本

鈴木 絵美子
フリーコンビネーション
金メダル
ロシア
銀メダル
日本
銅メダル
スペイン
5 テレビ放送

テレビ朝日系列・BS朝日にて連日放送

FINA水球ワールドリーグ 男子インターコンチネンタルトーナメント

1 大会概要
大会概要
水球ワールドリーグは、国際水泳連盟(FINA)が2002年から開催しているリーグ戦で、 オリンピック・世界水泳と並ぶ三大大会の1つであり、毎年開催されている世界一決定戦です。
今大会では、リオデジャネイロオリンピックの前哨戦として、水球日本代表ポセイドンジャパンと世界の強豪国との真剣勝負が繰り広げられました。上位4チームに入ると、6月に中国で開催されるスーパーファイナルに進出でき、ヨーロッパ勢3チームと開催国と合わせて8か国で戦うことができます。
日本代表ポセイドンジャパンは4位に入り、見事出場権を獲得しました。
大会画像 大会画像
2 開催期日

2016年(平成28年)5月10日(火)~15日(日)
公式試合 15日は順位決定戦

3 開催会場

横浜国際プール(横浜市都筑区)

4 主催:主管

国際水泳連盟(FINA)
公益財団法人日本水泳連盟

5 出場国

アメリカ / ブラジル / 中国 / カザフスタン / オーストラリア / 日本

6 競技結果
最終順位
順位 出場国
金メダル 1位 アメリカ
銀メダル 2位 オーストラリア
銅メダル 3位 ブラジル
4位 日本
5位 カザフスタン
6位 中国
試合結果 勝ち=○ 負け=×
国名 アメリカ オーストラリア ブラジル 日本 カザフスタン 中国
アメリカ - 8-6 16-11 17-14 19-7 19-2
オーストラリア 6-8 - 13-9 7-5 11-4 21-4
ブラジル 11-16 9-13 - 16-10 19-7 17-4
日本 14-17 5-7 10-16 - 19-7 21-5
カザフスタン 7-19 4-11 7-19 7-19 - 15-10
中国 2-19 4-21 4-17 5-21 10-15 -
15日の順位決定戦
1 – 2位決定戦 ○ アメリカ VS オーストラリア 10 – 9
3 – 4位決定戦 ○ ブラジル VS 日本 13 – 12
5 – 6位決定戦 ○ カザフスタン VS 中国 16 – 7
7 観客者数
日にち 観客者数
5月10日(火) 826人
5月11日(水) 1,008人
5月12日(木) 1,256人
5月13日(金) 1,419人
5月14日(土) 3,012人
5月15日(日) 3,362人
合計 10,883人
8 テレビ放送

テレビ朝日系列
【CSテレ朝チャンネル2・BS朝日】


2016
1213

横浜国際プール
YOKOHAMA INTERNATIONAL
SWIMMING POOL


〒224-0021
住所:横浜市都筑区北山田7-3-1
TEL:045-592-0453(代表)
FAX:045-592-1402

横浜スポーツ情報サイト ハマスポ.com
ページ上部へ